History

ソラリスエイコ 活動履歴

1月22日(Jazzの日)兵庫県 西宮市に生まれ3ヶ月で関東に転居。
3歳にピアノのレッスンをはじめ、
7歳にアメリカ人から英会話のレッスンを受け、
9歳でハワイ(カイルア)に2週間単身ホームステイ、
10歳に某音大講師から歌を学び
今の礎を築く。

千葉大学では環境学を専攻。

サウジアラビア王国3年間在住。欧米人で構成されたリヤドクワイアでソリストとして活躍し、英米大使館等でも歌う。

世界60ヶ国余りの子どもたちが通うインターナショナルスクールではミュージックアシスタント及びピアノも指導。

ヨーロッパ諸国、アフリカ、アジア、アメリカ等世界30ヶ国余りを訪れる。

帰国後、国際ボランティア年記念コンサート出演。

2001

ジャズ愛好家であった父の死を機にジャズへ転向。プロビッグバンドとデビュー。

2005

国連ウィメン協会コンサート

2006

男女共同参画社会 猪口大臣講演会でコンサート

2008

定期的にニューヨークに滞在し研鑽を摘む。

2010

2010年11月にはスタンダードナンバーを収めたファーストアルバム
“Life is Beautiful -とびら-”をリリース。
ニューヨークの第一線で活躍しているスーパードラマー、田井中福司が参加。

彼はアルトサックスの巨匠ルー・ドナルドソンバンドのレギュラーでもある。

ピアノは川島茂、ベースはJeff Curry。アナログ録音一発撮りで音楽性の高いアルバムになっている。

 


Eiko自身が演奏するソロピアノや子どもたちのコーラスも入り、

そのサウンドは心地よく、そして心豊かにする。
歌声はもちろんだが彼女自身の生き方に共感する女性も多く、
国籍、老若男女問わずファン層は厚い。
ボーナストラックでは、ダウン症をもつ息子が作詞、

米子在住ギターリストでもある全盲の男性が作曲した「とびら」を

日野晧正バンドのピアニストでもある 石井 彰が参加。
また、スペシャルオリンピックスチャリティーコンサートで

日野晧正氏と一緒に演奏した息子が演奏するトランペットも収録。
その魂に響くサウンドは多くの感動を呼んでいる。

2011

2011年7月に都内で行われたダウン症の方の芸術祭“The Gift”では、

女優の戸田恵子氏が少年と共に「とびら」を歌う。
このCD収益の一部は知的障碍を持って音楽を楽しんでいる方、

東日本大震災で被災された障碍をもつ方々のために使われている。

2013

8月にはオーストラリア大使館でも歌う。

また国際学会オープニングセレモニーにて秋篠宮両殿下の前で歌声を披露。

2014

英米豪日の豪華メンバーによるセカンドアルバムをリリース。
スタンダードからフュージョン系まで収録したアルバムは大好評を得ている。

富士大学での講演会。福島県いわき市中学生へのボランティア授業なども行う。

2016

ニューヨーク3ヶ月単身留学。ニューオリンズ、ボストン、ワシントンDC、

ニューポートジャズフェスも訪れ研鑽を積む。
帰国後、英語の資格をもつプロのジャズシンガーということ を生かし、
「楽しく歌って覚える“ネイティブ英語マスター講座”」やシンガーのための

「ライブ実践ワークショップ」などを開催し、人気の講座となっている。

2017

開業以来日本人歌手が歌うことができなかった5つ星外資系ホテル、

六本木の『グランドハイアット東京』にて“初の日本人シンガー”として選ばれライブを行う。

他外資系ホテルからもオファーを受け、ウェステイン東京ではデビ夫人や堺正章氏にも歌声を披露。

息子が作詞した「とびら」が守屋純子氏の編曲で女声合唱曲に進化。

東洋英和女学院の合唱部で発表される。

2018

読売新聞に紹介される。レコーディングのためにニューヨークに2ヵ月単身滞在。

グラミー賞に2回ノミネートされた歌手のバンドピアニストMichael Kananと

ベースのNeal Minerそして田井中福司氏と3枚目のアルバムを制作。

2019

5月、ニューヨークにて「日米友好”奇跡の扉”チャリティージャズコンサート」を行う。

息子もトランペットでゲスト出演する。

3枚目のアルバムがWhat's New Recordよりリリース。全国一斉発売される。

そのアルバムはジャズ専門誌Jazz Japanや読売新聞にも取り上げられる。

ニューヨークにてチャリテイーコンサート出演

3rdアルバム What a Wonderful World ~Solaris in NY~をリリース

 

Charity History

チャリティ活動実績

10年以上に渡り、チャリティーコンサートを共催し、福祉や国際関係の講演も行う。アルバムの収益の一部を東日本大震災で被災した障害者そして日本ダウン症協会に寄付。

銀座や六本木など都内を始め、日本各地でライブやジャズフェスに出演。他大使館、日本特派員協会、国際学会セレモニー、企業パーティー、福祉施設でも歌う。

2003〜2010

「日立ビッグバンドフェスティバル ―チャリティーコンサート―」出演。

2007

鳥取県日南町高齢者施設コンサート
日南町の小中学生に講演及びコンサート

2008

鳥取県米子市県立療育センター(重度障害児施設)にてコンサート
米子市内の中学生にて国際理解についての講演及びコンサート

ダンス&ジャズチャリティーコンサート“For Your Smile ~ママに笑顔を~”三沢朋子氏(三沢モダンバレエジャズダンススタジオ主宰)と共催。 障がい児、病弱児、子育てしているすべての親のためのコンサート。千葉県市川市文化会館小ホール

日野皓正氏らが参加したスペシャルオリンピックスチャリティーコンサートのサポート

2007〜2016

Big Bandサウンドガゼットクリスマスチャリティーコンサートに出演。

茨城県南の福祉団体や障碍者就労支援センターを支援

2014

東日本大震災復興応援イベント いわき市勿来第二中学校で授業
富士大学にて講演会及びライブ

2015

東京都立東部療育センターコンサート

2019

ニューヨーク「日米 奇跡の扉 チャリティージャズコンサート」

  • Facebook
  • Twitter
  • 黒のYouTubeアイコン
  • Instagramの - ブラックサークル

©2021 by Solaris Eiko。